EMを知らない方へ<EM入門編>

★EMの基本:EMで植物を丈夫に育てる(EM1号+糖蜜=EM活性液)

EM1号はとっても役立つ自然界の微生物たち!土をふかふかにして、キレイな花や丈夫な作物を育てます!
EMは増やすことができます! ◆EM活性液の作り方はこちら

▼EM活用の家庭菜園 EMの基本的な使い方

■EMを培養してみましょう。
EM活性液として希釈してすぐ使う場合は、水だけでもいいのですが、生きている微生物を増やすの ですから、餌となるミネラルが豊富な糖蜜やすべての栄養が揃った糠が溶け込んでいる「米のとぎ汁」 を使うと、微生物が元気に増えていきます。(2次培養)

<米のとぎ汁発酵液とは・・・?>
米とぎ汁にEM1号と糖蜜を容器に入れて密封して培養したもの。 出来上がるとEM1号と同じように使えるので大量に使う場合のコストダウンになる。家庭でも節約(トイレ掃除やガーデニングにたっぷり使えます。)と河川環境保護のために是非チャレンジしてみてください。 EMWはEM1号と同じ効果、使い方が出来ます。

<用意するもの>
(1)米とぎ汁:1リットル
(2)EM1号 :15cc
(3)糖蜜 :15cc
(4)密封容器(2L又は1.5Lのペットボトル)

EM1号のかわりにEMWでも作りかた、使い方は同じです。 EMWはEMのホワイトという意味で名づけられました。 ご家庭内で室内でご使用される場合は色つきの少ないEMW希釈液をご利用ください。

(1)米をとぎます。一度目の濃いとぎ汁は捨てないで!
(2)容器に移し新鮮なとぎ汁で作る。
(3)EM1号がたくさん増えるようにエサとなる糖蜜(熱湯で溶かすと混ぜやすい) を入れる。
(4)EM1号を入れる。
(5)ミネラル豊富な自然塩を少し入れるとより発酵がすすむ。
(6)ペットボトルに入れて暖かい場所で発酵させる。3~4日で容器がふくらむのでガス抜きをする。 1週間くらいで完成!(温度で発酵速度がちがう)

<ポイント>
(1)EM1号(EMWでも同じ)に、お湯で溶かした糖蜜を少し多めに入れる。
(2)よく振り混ぜる。
(3)温かいところ(30~40℃)に置く。 (寒いと発酵が進みません。)
(4)2~3日置きにガス抜きし、密閉はしっかりすること。

<注意事項>
(1)ガラスビンの容器は使用しないでください。膨張して破裂する恐 れがあります。
(2)ペットボトルが膨らんできたらガス抜きをしてください。出来具合の判断(甘酸っぱい良い香りならば、成功)
慣れない間は、匂いでは十分に発酵しているか判断がつかないことが あります。 出来上がりの目安は、pH3.5以下になっていることです。

 

Tags: , ,

Comments are closed.