新潟産 有機米「ブナのいのち」のふるさと

こんにちは!イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。
今日は、新潟県の朝日村のお米「ブナのいのちのふるさと」のお話です。

DSC_0315-300x199

冬は6メートルもの雪に閉ざされます。
田んぼは、スノーバイクツーリング場になります。

DSC_0549-300x199

ブナの森から染み出たミネラル豊富な水が流れ込む朝日村の田んぼ。
そこには宮沢賢治のふるさと イーハトーブの世界があります。

DSC_1535-300x199

水辺(田んぼ)は、多くの生物の生息の場で、タニシ、ヤゴ、オタマジャクシ、蜘蛛、
カエル、トンボたちが暮らしています。

DSC_1521-300x199

ブナの森には、リス、野ねずみ、猿や鹿、クマ、鷹、が暮らしてる磐梯国立公園なのです。
有機のお米を食べること=有機の田んぼの存在があります。

P1030976-300x225

高齢化が進む、日本の農業、米作りの後継者は減るばかり。
放棄田がふえる現実の中、地域の特産品であり、日本の主食の自給率を下げないためにも、
日本の消費者がきちんとただしい「食」えらぼうではありませんか。

P10400611-300x225

有機米は食べる人の安全だけでなく、生産者さんの健康も守ります。
そして、農薬や、化学肥料を使わないことで、生態系を汚さず、大地を汚さず、水も汚さず、
地球環境にも貢献するのです。

▼EMのお米

http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/c/gr11

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

イーエムジャパンネット通販店長 高橋

Tags: , , ,

Comments are closed.