トマト栽培でジャングルにならないために仕立てをしよう!

おはようございます。EM大好き「地天くらぶ」です。

家庭菜園始めてみよう!と最初にトライする野菜に多いのが

トマト

ですよね♪

小学2年生あたりでは必ずと言っていいほど栽培する野菜ですね。

わたしもかれこれ5,6年は続けていますが、その年によって

豊作だったり不作だったりするんです。ジャングルになっちゃったりして、

わけがわからん状態なんてことも。なんでかな?と振り返ってみると

やはり、最初の仕立てや手入れが後々に影響をしているような気がします。

DSC_1126

 

 

 

 

 

 

さてその最初の仕立てや手入れ方法は、というと

だいたいGW頃に苗を植えてから最初に花を咲かせて、その花房から初果房が見られる頃に行う作業。

で、家庭菜園を始めたばかりの頃はもう”芽かき”という脇芽を取る作業などよく分からずしないもんだから、ワサワサ茂るわりに、花もそんなに咲かず、実がちっちゃかった覚えが。。。

そのほかにも、最初に花を咲かせたら必ず結実させてあげないと、その後の実が結実しにくくなるのだそう。これはトマト栽培のセオリーで、なんらかの拍子で初花房が折れちゃったりしたらそのあとは実がなりにくくなってしまうかも?そんな年もありました。

数年目でやっと”芽かき”作業、つまり主枝の脇から 出てくる芽を取り除くことで主枝に栄養分がいくようにする、ことをしっかりし始めたら、うんうん、なかなかいい具合。でもこれ、結構な作業だよ~。この脇芽がすぐに伸びちゃうんで、気を付けて観察。5cmくらいまでだったら手でぽきって摘めるからね。

tomato1

そう、それで、いろいろ調べてみると、1本立てより2本立てにした方が、収穫量も増えるとかいうので、これはやっていみたいと。 ちなみに3本立てにしたらもっとなるの?と思うかもしれないけれど、そうはいかないみたいよ。

ということで、2本立の方法は、

まず、第一花房を見つけたら、そのすぐ下から出ている脇芽を見つける。

その脇芽を2本立てにするのです~。

で、そのときに、そのほかの脇芽はすべて取ってしまうことだそう。

 

なるほどできそうですね。

これ、試してみませんか?1本立てと2本立てにして比べてみてもいいのかな。

 

土も植物も健康に。できた野菜を食べた私たちも元気!EMで家庭菜園するとそんなウレシイ循環がつくれます♪

 

EMショップ地天ではEMで家庭菜園するための資材を販売しています。

 

EMショップ地天

0467-47-5674

6月より、営業日、営業時間が変わりました。

【定休日: 日曜日・祭日】

【11:00~17:00】

 

 

 

 

 

Tags: , , ,

Comments are closed.