鎌倉のホタル

おはようございます。EM大好き「地天くらぶ」です。

鎌倉に引っ越して10年を迎えようとしているのですが、引っ越したその年の夏の初めに、会社帰りに通る近所の川でホタルを発見したこと。誰もいない真っ暗な橋の上をゆ~らゆ~らしていたんです。はじめはドキッとしましたよ。

ヒトダマか! なんてね(^_^;)

でもあんなにたくさんいるわけない。もしかしてホタル?!

あの時の感動は今も忘れないで残っています。東京育ちの私にはほんとうに印象的な出来事でした。

実は鎌倉八幡宮では毎年蛍放生祭が行われています。蛍の生育と放生を通じて豊かな四季と生命の尊さを思い、そのなかで生きることを神々に感謝するお祭りです。

鶴岡八幡宮の柳原

境内で育った蛍が神前に供えられ、夕刻より、神事が行われ、巫女の舞も奉仕されます。 その後、神職たちによって柳原神に約千匹の蛍が放たれます。

この神事は一般の参拝者は見られないそうなのですが、きっと幻想的なのでしょうね。

柳原神池

今日の日没から16日(日)までこの放たれた蛍を観賞できる「ほたるまつり」が催されます。(詳細は鎌倉八幡宮へ)

是非お出かけしてみてはいかがでしょうか。

ホタルはご存知の通り、ホタルの棲める環境が整っていないと生息はできません。その条件は

1、きれいな水がいつも流れている川、川底は石や砂利があること

2、幼虫のえさになるカワニナが大きいのも、小さいのも両方沢山いる川

3、土手にさなぎに成るために潜れるやわらかい土があること

4、水の近くに卵を産む事ができる苔や、木などがあること

5、川の周辺にホタルが休息できる高い木や低い木があること

6、安心して飛び回れる広い空間があること(木が生い茂ると飛び回れない)

7、外灯などで明るくなく、暗いところ

と、水がきれいなだけでも難しいようですね。

鎌倉ではこういった条件の合う場所が他にもあって、鎌倉中央公園では期間限定でゲンジボタルとヘイケボタルをみることができますよ。

おススメです。

 

実はEMとホタルの関係も深くあって、東京のど真ん中の飯田橋駅にあるおしゃれなカナルカフェ。オーナーである羽生さんは、その昔外濠でヘイケボタルを楽しめたことを現在に取り戻すべく、外濠の浄化活動に参加しEM団子を投入しているのだそう。

東京でも美しく情緒ある自然を味わえるんですね~。

カナルカフェについてはこちらをご覧ください。

 

ちなみに今日はEM朝市が鎌倉宮で開催されます。(雨の具合によっては中止となる場合もあります。)

EMショップ地天

0467-47-5674

6月より、営業日、営業時間が変わります。

【定休日: 日曜日・祭日】

【11:00~17:00】

 

 

 

 

Tags: , ,

Comments are closed.