生ごみたい肥ちょっとずつ使う人には小型容器で作るのが便利!

おはようございます。EM大好き「地天くらぶ」です。

生ごみたい肥バケツで作ったたい肥の処理方法に困っている方も少なくないようです。

家庭菜園のスペースが小さかったりベランダでの栽培だったりするとバケツにめい一杯のたい肥はちょっと多いのですよね。

たい肥はちょっとずつ使うのでOKなら、小型容器を使って作るのがおススメ。

 

DSC_1199わたしも実はそうなのです。

私はこの方法でストレスなくちょこちょこたい肥を作っています♪

4.5Lのエンバランスを使用。エンバランス加工の容器だから上手に発酵してくれます♪

さらにコンパクトにそして容器もキレイなままにする方法があるんです^^。

さてどんな方法?

はい。

いたってカンタン♪

容器に直接生ごみとボカシを入れず、ポリ袋にその日の生ごみと適当にボカシを入れて縛って密封したものを容器に入れていく。

ただそれだけです。この時空気を入れないようにするのがコツ。

 

発酵も早いし出来たものからプランターやお庭に使えます。

 

EM生ごみたい肥づくりは環境リサイクルとしてゴミの削減につながると同時にたい肥として使えば、土中の微生物(EM)のエサを増やしてくれて、元気のいい土、野菜づくりが期待できますね(^_-)-☆

 

エコな環境づくりや野菜づくりも、まずは心地よくできる範囲から試してみるのがいいですね。

地球や身体の健康のためと思って始めたたい肥作りが、毎日忘れずに小さく切って作らなきゃと、ストレスになってしまったら本末転倒ですよね。

 

なんでも楽しめる感を基準にすると、きっと微生物(EM)たちもニコニコで発酵してくれるんじゃないかな~と思います^^。

 

EMショップ地天ではEMたい肥の作り方やバケツの使い方もちゃんと教えてくれるので、お気軽にスタッフに聞いてくださいね。

 

EMショップ地天

0467-47-5674

6月より、営業日、営業時間が変わりました。

【定休日: 日曜日・祭日】

【11:00~17:00】

 

 

 

 

 

Tags: , , ,

Comments are closed.