プロハーブシャンプーで夏ダメージにまけない美髪に!

おはようございます。EM大好き「地天くらぶ」です。

今日は、プロハーブシャンプーを使って、髪をつやつやに
寿命を延ばして、抜け毛を少なくする方法をお知らせしますね!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 190618-f7.jpg です夏は髪の毛に、過酷ですよね。

紫外線だって、一番、浴びる場所だし、暑さで、皮脂と汗でべとべと!
冷房による乾燥で、地肌が固くなり、血流が悪くなる。
髪の毛「夏ダメージ」は、おそろしいことに、
枝毛、抜け毛、キレ毛、フケ、細毛、かゆみになって、
秋に、現れるんだとか!
大変だぁ~!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 190618-f8.jpg です髪の毛1本、1本には、一定の寿命があり、

伸びては抜け、新しく生えてくることの繰り返しです。
健康的な髪だと、2~6年くらいの寿命がありますが、
ダメージを受けた髪の毛の寿命は、数か月~1年だとか。
髪の毛のダメージを秋のつけに回さないためには、どうすればいいのでしょう。

それには、毎回、シャンプーの時にきちんとケアすることが大事なのだとか!

シャンプー前に、お湯で、しっかり髪の毛の汚れを落とし
しっかり、マッサージをしながらすすぐことだそうです。
シャンプーはその後!髪の毛を決して、こすりあわさないように、
泡で毛先を包み込むように、洗います。
擦り合わせると、キューティクルを傷つけてしまい、枝毛やキレ毛になります。
そして、頭皮マッサージがおすすめなんですって!
毎日、続けると、髪の毛の寿命が伸びて、新しい毛も生えてくるんですって!

おススメは夏の間に、プロハーブシャンプー&コンディショナーでしっかりケア!

リニューアルしたシャンプーにはEMXGOLD、日本酒と米麹が配合されて潤い成分パワーアップしています!

では、効果的な髪の毛の洗い方を。

汚れをしっかりと落とすことが実は美髪のためには一番大切!

________________________________

①まずはブラッシング
②しっかりとすすぐ
③シャンプーは手の平で泡立ててからつけよう
④頭皮マッサージをするように洗おう
⑤髪の長い人は毛先に泡を馴染ます
⑥流し残しに注意してすすぐ
⑦トリートメントやコンディショナーも正しく使用する
⑧最後の流しも丁寧に

________________________________

お湯の温度は38℃前後のぬるめがおすすめです。
8工程でかかる時間的には約10分前後かけて、きれいにシャンプーしましょう。
髪の毛をちゃんと、洗えばそれだけで髪は長生きしてくれるんです。
あと、「濡れたまま寝る」なんてもってのほか!
キューティクルが剥がれて髪がボロボロになります。
濡れている髪はキューティクルが開いているので、
やさしく、タオルドライした後、ドライヤーで乾かして、閉じてあげましょう!
まずは頭皮から乾かしていき、その後毛先も乾かします。
これで、髪の枝毛、抜け毛、キレ毛、フケ、細毛の心配が減りますよ!

 

今からケアして秋から美髪でしっとりうっとり~

 

念願の詰め替え用も新発売~!

 

EMショップ地天

0467-47-5674

11:00~17:00

休み:日曜・祭日

 

 

Tags: , ,

Comments are closed.